キャッシングおすすめトップ3はコレだ!

いざという時にお金を借りるのにベストなキャッシング、カードローンのおすすめランキング。金利や融資額、融資スピードなどからネットで申し込みできるキャッシングをご紹介しています。
急いでいるからといって金利の高いところで借りるといつの間にか借金が大きくなっていた・・・。
そんなことがないように、できるだけ金利が低くて、便利なカードローンを1枚持っておくと安心です。
スマホからでも申し込みでき、コンビニATMから借り入れできるので、ピンチの時に助かります。
金利の低い銀行カードローンから審査の早い便利なキャッシングまで厳選してご紹介しています。


キャッシングを利用したいときには、金融機関のサイトから申し込む方法だと、手間なくお金を借りることができます。
金融機関では、サイト上から申し込みを行えるフォームが用意されていますので、どうしても店舗に行く時間が取れないときに利用することで便利になってくるのです。

サイト上から申し込みを行うときには、専用のフォームが指定している情報を記入していくのですが、氏名や住所などのほかに今の借入金額、希望する借り入れ額などの詳細な情報について記入していくことになります。
金融機関では、もたらされた情報を元に審査を行っていくのですが、審査時間もかかりませんので、すぐに融資可能か知ることができるのです。
審査を行い融資可能であった場合には、口座に振り込んでもらう形でお金を借りることができますので、在宅でありながら手間なくすべての手続きを終えることができます。

ネットキャッシングでは、気になるときに申し込みすることで即日に融資を行ってもらえますので、金銭的に不足している時にはうまく利用してみるとよいでしょう。
特に、金融機関が指定している銀行の口座を持っていると、手数料無料で振り込んでもらうことができたり、返済することが可能になってきます。

キャッシングの申込方法

キャッシングの申し込みと一言で言ってもいろいろなパターンがあります。よくイメージされるものは、店舗に行き申し込みをしたり、無人契約機などを利用して本人確認をしてカードを作りお金を借りるというものです。しかし、最近では様々なニーズに応えるためにインターネットで申し込んだり、電話でも対応してくれる手軽なサービスがあります。審査のスピードも速くなってきているので「すぐに借りられるところはどこ」と頑張って探さなくてもいい事態になりました。

キャッシングに必要なものは、会社によって異なりますが、基本的には本人確認ができる書類や、給料を得ているとわかる明細や収入証明書等の書類で大丈夫です。事業などで使いたい、総量規制の額を超えて貸付を受けたいなどの通常とは違うケースの場合はそれによって必要になってくるものも違うので、キャッシング会社に相談してみることが早いです。

申し込みをが終わると審査があります。金額が少なかったり信頼できることがわかれば直ぐに終わってしまうこともありますが、時間がかかったからといって不安になることがありません。最終的に審査が通れば条件はすべて同じです。即日融資を希望している場合にはそれをうたい文句にしているところに行けば問題ないでしょう。あとは決められた返済額を返していくことでキャッシングはおしまいです。

すぐにお金を借りるために

すぐにお金を借りるためには普段から本人確認書類や収入証明書をきちんと保管しておきましょう

キャッシングでお金を借りるとき、その手段は幾つかあります。
店舗へ赴く方法、自動契約機を利用する方法、ネットで申し込みだけ行ってからそれらの行動をとる方法、ネットで完結する方法、そして郵便に電話。
自分の一番とりやすい方法で、お金を借りる手続きを行うことは可能です。

しかしそのどの方法をとるのであっても、必ず必要になるものがあります。
それは本人確認書類と呼ばれるものです。

住所や電話番号、生年月日や年齢、そういったものを確認できるものであればいいので、活用できる書類はいくらでもあります。
運転免許証や健康保険証、パスポートなどもそうですね。
別にわざわざ用意しなくても、いつでも携帯しているという人もいるかもしれません。

しかしお金を借りようと焦っているとき、うっかり忘れがちになってしまうものであることも確かです。
店舗や自動契約機に向かう前には、特によく確認して用意しておきましょう。
審査には受かったのに確認書類を提出できないせいで、お金を借りられないというのはとてももったいないことです。

そのほか金額が大きく規定のラインを超える借り入れなどでは、収入証明が必要になったりします。
源泉徴収表や確定申告書などは、常日頃からしっかりと管理しておくと安心ですね。

土日にお金を借りる方法

銀行が休業している土日にお金を借りる方法

基本的に土日というのは振込が行えません。
銀行が営業していないのが最大の理由で、同じ銀行間でも振り込みが認められないこともあります。
そのため土日にお金を借りるためにはカードを利用して引き出すという方法を取ることになります。
一応キャッシング会社が提携している銀行であれば借りられることもあるのですが、持っていない人は自動契約機かATMを利用してお金を借りることとなります。

ただATMでも注意すべきことが幾つかあります。
コンビニならいいですが、一部の銀行ATMは休日だと対応していない時間が出てきます。
利用しようと思っても対応していませんということになればその日のうちにお金を借りることができず、色々な場所を回ることとなります。
利用する場合はコンビニ等何時でも稼働しているATMを利用した方が楽なので、まずはこうしたATMを探して利用してください。
無理なら自動契約機にあるATMでも構いません。

土日に必要となることは結構あるので、まずは振込ではなくカードを利用してお金を借りることを行ってください。
ただカードが発行されていない状態だとこの方法は出来ないので、もしその時点で必要なら自動契約機へ行ってカードを作ってください。
郵送中でも一応カードの発行は出来るので安心です。

提携ATMで借りる

カードさえ発行すれば何処でも借りられるのが便利なポイントです。

キャッシング会社は利便性を重視しているため、色々な会社と提携してお金を借りられるようにしています。
そのためカードさえ発行できればお金を借りられるようになっており、まずはキャッシング会社に申込みをしてカードを発行する作業から始めることとなります。
カードさえ手に入れば近くのATMからお金を借りることが可能となり、その場でお金を手に入れることだってできるのです。
提携しているATMは何処なのかはホームページで確認することとなりますが、多くの場合はコンビニであれば何処でも利用出来るようになっています。
念のためATMにステッカーが貼られていないか確認はしてください。
提携している場合はステッカーが貼られている傾向にあり、見るだけで使えるかどうかがわかるようになっています。
大手のコンビニならほぼ使えるので、近くにある所で引き出すといいです。
カードを入れる場合はその場で現金が手に入るようになっています。
そのためすぐに利用したいと思っている方に向いている方法です。
逆に振込という形はその金額を別の所に振り込むという場合に使うと考えてください。
カードさえ持っていればその場でお金を借り、すぐに利用出来るという利点があるので使いやすいです。

お金を借りる必要書類

キャッシングの申し込みにはいくつかの証明書の提示が求められます。
信用力の調査や身元確認のための証明書が必要になるので、事前に一式を揃えてから申し込みをしましょう。

全ての人に提示が求められるのが、本人確認書類です。
他人による不正な利用を防ぎ、本人の信用力をデータベースに問い合わせるためにこれは必ず必要になります。
運転免許証を持っている方はそれを、そうでない方は健康保険証やパスポートなどを用意してください。
ここで公務員や大企業の人は共済組合証や保険組合証を提示しておくと、身分の証明になり審査に有利になるというテクニックもあります。

次に必要になる可能性があるのが収入証明書です。
大金の融資を希望される場合や信用力調査が必要と判断された場合に、現在の収入額についての証明書を示すように求められます。
源泉徴収票や役所で発行される所得証明などが指定されていますが、一番用意しやすいのは毎月交付されている給与明細書でしょう。
ただ、給与明細書は1ヶ月分の給与の明細なので年収を証明するためには2ヶ月分プラス1年分の賞与明細書が必要です。
源泉徴収票が手元にあるならそれを利用したほうが楽なこともあります。
収入証明が必要になる希望融資額は、キャッシング申し込みのサイトにその金額が必ず表記されています。
消費者金融なら一律50万円を超える額、銀行ならそれぞれ独自の金額が設定されているので、それを見て収入証明が必要になるかどうかをチェックしておきましょう。




前の記事